ま〜し〜のブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< リカバリー My チャリ | main | リカバリー My チャリ 〜その◆ >>
就職前に思うこと…
先々週の日曜,NHKスペシャル
「ワーキングプア供‥慘呂垢譴佝瓦噂个擦泙垢 」
を見て,歯痒い気持ちでいっぱいになりました.

http://www.nhk.or.jp/special/onair/061210.html



働いても働いても
生活水準以下の生活しか送れない人々が多くいる現代社会.
ニュース・新聞等でその事実は知っていたものの
現状を詳細に把握したのは今回が初めてでした.


母親一人で二人の息子を育てているケース.


派遣社員・パートを掛け持ちして昼夜働いているが,
それでも生活は苦しい.
正社員として働きたい.でも受け皿が無い.
子供と接する時間はわずかしかない.
年に一度,家族3人で必ず参加する夏祭りに使えるお金は¥3000.
本当は子供達を遊園地に連れて行ってやりたい.


目に涙を浮かべ取材に応じている母親を見て
思わず目頭が熱くなってしまいました.


一方,朝日新聞で
今の景気回復を市民は実感しているのかという記事があり
読者の声が掲載されてました.


「夫の会社は,最高益企業から値切られ泣かされている」
             (愛知 40歳女性)            


このコメントを見て考えさせられました.
下請け会社の従業員に苦労を強いて
大企業で働く人達の生活が潤っている.
そんな考えが頭を過ぎります.
少し内定ブルーに陥りました.


自分は来春,大手メーカーに入社しますが
子会社・孫会社の現状を直接変えようにも何もできない.
ただ自分達が一生懸命働いて,会社の業績が上がって,
その恩恵が末端の会社やそこで働く人達まで届く.
そんな浅はかな考えしか今は思いつきません.


しかし
「自分の生活は,下請け企業が頑張っているからこそ
 成り立っている
 その感謝の気持ちを常に心に留めて働くべきや.」
そう思ってます.
(言い換えれば僕にはそう思うことくらいしかできないということです.)


ただし,企業努力にも限界があるやろうし
国が更なる支援策を
早急に投じる必要があると思います.


経済財政諮問会議では色々と
格差社会の是正案が検討されているとのことですが
委員会のメンバーには,
経済学的な数字で物事を判断せず,
生活に貧困している人々の声に
もっと耳を傾けてほしい.
切にそう願います.


(カタい内容ですんませんでした)
Posted by : marshy | - | 06:56 | comments(0) | -| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 06:56 | - | -| - |
コメント









TOP